iPhone Android スマホ 録画ソフト

iPhoneやAnrdoidスマホの画面をパソコンに繋いで録画できるソフト

iPhoneやAnrdoidスマホの画面をパソコンに繋いで録画できるソフト

 

スマートフォンではもともと画面を動画で保存するキャプチャー機能が付いています。

 

ですのでスマホの画面を撮ることはできます。

 

ですが、容量がものすごく大きくなってしまって小さいスマホの容量には収まりきれなくなってしまうことがあります。

 

そんな時はパソコンに繋いでパソコンからスマホの画面を録画できるソフトを使うと便利です。

 

Bandicamのデバイスキャプチャーモード

パソコンからスマホを録画できるのはBandicamというソフトのデバイスキャプチャー機能です。

 

この機能を使うとHDMIケーブル接続したスマホをパソコン上からキャプチャー動画として保存することができます。

 

キャプチャーのやり方

キャプチャーするにはまずスマホとパソコンをHDMIケーブルで接続する必要があります。

 

USB接続では取ることができませんので注意が必要です。

 

スマホをHDMIケーブルで接続したらBandicamを起動します。

 

Bandicamを起動するとスマホを認識できている場合は上の方の真ん中あたりにデバイスキャプチャーモードのボタンが現れます。

 

レコードボタンを押すことで録画が始まります。

 

録画を終了したい時はまた同じボタンをクリックして録画を終わります。

 

このデバイスキャプチャモードではiPhoneやAnrdoidなどのスマホ以外にプレイステーションや任天堂のゲームxboxなどのゲーム機に表示されている画面や、地上波HDTVウェブカメラなどの様々な画像を録画することができます。

 

但しコピーガードがかかっている場合は録画できませんので注意が必要です。

 

フリー版であらかじめ動作をチェック

iPhoneやAnrdoidスマホの画面をパソコンに繋いで録画できるソフト

 

Bandicamは1本4000円のソフトウェアです。

 

フリーのソフトではありません。
ですのでiPhoneやAnrdoidのスマホを録画するとき本当に自分のスマホやパソコンで録画ができるのか心配です。

 

そういう場合はフリー版を使って動作を確認することができます。

 

Bandicamのフリー版は録画が10分までの制限、録画した画像にBandicamのロゴが入るという制限があります。

 

ですがスマホの画面を撮る前、機能を使うことができますので、自分のスマホとパソコンで録画できるかどうかが心配な方はあらかじめチェックしておくことができます。